妊娠を意識した時から葉酸サプリを飲みましょう

葉酸は、ほうれん草の葉っぱから発見された栄養素でビタミンBの仲間です。

赤血球を作ったり、細胞分裂や細胞の成長に関わっています。

妊娠12週目くらいまでは、お腹の中での細胞分裂が活発に行われる時期です。

その時に脳や脊髄の元になる神経管と呼ばれる部分に先天異常が発生するのを防ぐために葉酸サプリの服用が効果的なのです。

神経管閉鎖障害など発生を防ぐため、厚生労働省では妊娠初期から妊娠12週頃までの葉酸サプリの摂取を推奨しています。

葉酸サプリのメリットとは

妊婦が1日に必要とする葉酸の量は400マイクログラムです。

ほうれん草にすると7束分、毎日食べるのはとても難しい量です。

葉酸サプリなら手軽に必要な量を摂取できるのがメリットの1つです。

食品に含まれる葉酸の多くはポリグルタミン酸型ですが、葉酸サプリに使用されているのは安定性が高く吸収率も高いモノグルタミン酸型です。

葉酸は水溶性ビタミンの1種なので熱に弱く、食品から摂取するのは難しいのですが、葉酸サプリなら確実に摂取できるのもメリットです。

妊婦にふさわしい葉酸サプリとは

いろいろな葉酸サプリが販売されていますが、妊娠したいと考えている人や妊婦にふさわしいのは、まず品質です。

医薬品が作られているような品質管理が徹底した工場で作られているもので、残留農薬や放射能チェック、アレルギー検査も行っている商品なら安心です。

便秘が気になるなら、乳酸菌や食物繊維が入った葉酸サプリを選ぶとよいでしょう。

口に入れるものだからオーガニックな商品を選びたい、そんな人のための商品もあります。

高品質で飲み続けられる値段の葉酸サプリを見つけて、元気な赤ちゃんを産むために役立てましょう。

葉酸サプリ おすすめ