妊活中なのに性欲がなくなってしまった夫婦の危機!

私の場合、結婚してから子供を授かるまでに数年のブランクがありました。はじめはすぐには欲しくないという理由で作らなかったのですが、後半はなかなか赤ちゃんが出来ないということに悩まされたのです。

病院にも通いましたが、妊活で一番大切なことはやはり夫婦生活。でもある時その夫婦生活に危機が訪れたのです。それまでは自分たちの欲求のままに夫婦生活は行って何の問題はありませんでした。

しかし病院にいって見るとやはりタイミングとらなくてはいけないということに。そのためわたしがホルモン検査をしてその結果で指定された日に夫婦生活を持つという風に、私たちの夜のスタイルも変化したのです。

はじめはやはりそれも妊活のためと割り切っていました。しかし男性って精神的な部分が夫婦生活の場合には大切なんですね。次第に日にちを指定されることに夫が拒否反応を示すようになったのです。そして指定されて日にもできなくなってしまいました。

夫婦生活の危機をどのように乗り越えたか?

このように訪れた夫婦生活の危機ですが、私もそれを機に通院をお休みしたのです。少しゆっくりしてもいいかなと思って。でも私は基礎体温は付けていましたから、自分でタイミングをとることは忘れずにいました。

そしてこの日だと思う日に、夫には言わずにちょっと誘ってみたりしましたね。それがよかったのか、私たちは治療をお休みして約半年後に自然妊娠をしたのです。不妊治療にいっているときは本当に妊娠だけを目的にする夫婦生活で少しうんざりしている部分もありました。でも通院を休んでからは夫婦の危機も自然と改善されたのです。

やはりお互いにプレッシャーを感じていたのかもしれませんね。それを開放できたし、危機も脱出し妊娠できたので、良い結果が生まれて良かったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です