お腹の赤ちゃんが逆子の場合の対処法!

お腹の赤ちゃんが逆子。

妊娠28週での妊婦検診の際、医師からお腹の赤ちゃんが逆子だと言われました。それまでも検診の時のエコー検査で赤ちゃんの向きが反対だなあとは思っていたのですが、もうそろそろ子宮の中のスペースも少なくなってきて赤ちゃんが回転しにくくなってくるので、今のうちから逆子対策をしてくださいとの事でした。

妊娠30週の検診までに逆子が治っていなければ帝王切開と普通分娩のどちらの準備も始めなければならないとのことで、逆子を治すための体操を始めることにしました。

逆子体操と鍼灸治療で逆子対策。

逆子体操を始めました。胸膝位という体勢をとる方法で、うつぶせになってお腹をゆるめ、両膝をつきおしりを高く上げ、このまま15分くらい体勢を維持するやり方です。

けれど、妊娠と同時に腰痛が始まった私には、胸膝位はなかなか辛い体勢で、15分もの時間、体勢を保てません。赤ちゃんの背中が上に向くように横になる側臥位という姿勢を試してみましたが、お腹のなかはごにょごにょと動くだけで回転する気配はありません。

最後に私は鍼灸治療院の先生に相談して、逆子と妊娠の際の腰痛に効果があるという鍼とお灸をしてもらうことにしました。

鍼灸治療で逆子が治りました。

妊娠28週のころから、週に2回、鍼灸治療院で針とお灸をしてもらい、妊娠30週を少し過ぎた頃、ごろりと大きな振動をお腹に感じて、赤ちゃんが回転するのがわかりました。

妊婦検診の際腹部をエコーで確認すると、ちゃんと赤ちゃんの頭が下に来ており、ちゃんと逆子が治っていました。そのまま鍼灸治療院に通い、今度は安産の鍼を打ってもらいました。

37週、予定日よりも少し早かったですが、鍼を打っていたおかげもあり、元気な赤ちゃんを産むことができましたよ。赤ちゃんが逆子だった場合、逆子体操をするのも有効ですが、お灸や鍼を取り入れてみるのもいいかもしれません。

妊活にはダイエットも重要

友人の不妊は肥満が原因でした

妊活を始めたころは肥満と妊娠にそこまで関係性があるとは思っていませんでした。しかし、友人が不妊だと診断されて肥満が大きな関わりがあると言われたそうでその話を聞いてビクッとしました。

というのも、BMIも肥満でしたし見事に太っていたからです。肥満体型のままですと妊活して妊娠しても赤ちゃんはもちろん母体に対する負担も大きくなりますので、安産にならないケースもあると聞き、このままではまずいと思い急いでダイエットを始めました。

体質改善ダイエットで体重が減少

私が取り組んだのは体質改善ダイエットです。いきなり食事制限をしても体に悪いだけですし、極端に運動をしても膝を悪くするだけ。そのくらい太っていたからです。そこで体質を改善するためにホットヨガに通い始めました。

元々肥満でも冷え性だったので、段々と汗をかくようになって食べ過ぎても体重が増えにくくなっていきました。もちろん冷えは妊娠に良くないので妊活もしっかり意識していました。

次に食生活です。玄米菜食を取り入れ、排毒に取り組みました。これは妊活中ならではです。妊娠中に排毒をすると体調が悪くなってしまいますので事前にやっておいて良かったと思います。

20kg減量の末4年後に妊娠

そんな毎日を続けていたのですが2年経っても妊娠出来ず産婦人科に行き不妊治療も相談するようになりました。しかし状態はそこまで悪くないしまだ若いとの理由で基本的にタイミング法を行うことにしました。

後は無理にならない程度でダイエットを妊活として続ける事。段々と妊活が習慣になってきて、ダイエットを始めて4年ほど経った頃に無事自然妊娠しました。

体重自体が20kgも減量しています。おかげで体調も良好、元気に子育てできています。

妊活中なのに性欲がなくなってしまった夫婦の危機!

私の場合、結婚してから子供を授かるまでに数年のブランクがありました。はじめはすぐには欲しくないという理由で作らなかったのですが、後半はなかなか赤ちゃんが出来ないということに悩まされたのです。

病院にも通いましたが、妊活で一番大切なことはやはり夫婦生活。でもある時その夫婦生活に危機が訪れたのです。それまでは自分たちの欲求のままに夫婦生活は行って何の問題はありませんでした。

しかし病院にいって見るとやはりタイミングとらなくてはいけないということに。そのためわたしがホルモン検査をしてその結果で指定された日に夫婦生活を持つという風に、私たちの夜のスタイルも変化したのです。

はじめはやはりそれも妊活のためと割り切っていました。しかし男性って精神的な部分が夫婦生活の場合には大切なんですね。次第に日にちを指定されることに夫が拒否反応を示すようになったのです。そして指定されて日にもできなくなってしまいました。

夫婦生活の危機をどのように乗り越えたか?

このように訪れた夫婦生活の危機ですが、私もそれを機に通院をお休みしたのです。少しゆっくりしてもいいかなと思って。でも私は基礎体温は付けていましたから、自分でタイミングをとることは忘れずにいました。

そしてこの日だと思う日に、夫には言わずにちょっと誘ってみたりしましたね。それがよかったのか、私たちは治療をお休みして約半年後に自然妊娠をしたのです。不妊治療にいっているときは本当に妊娠だけを目的にする夫婦生活で少しうんざりしている部分もありました。でも通院を休んでからは夫婦の危機も自然と改善されたのです。

やはりお互いにプレッシャーを感じていたのかもしれませんね。それを開放できたし、危機も脱出し妊娠できたので、良い結果が生まれて良かったです。

妊娠中の体重増加に水泳を取り入れる

つわりになると体重が減ると思うことが一般的ですが、私の場合は、食べづわりで食べていないと吐き気が襲ってくる、そのために食べまくっていました。そしてしまいには病院に注意をされるほどだったのです。

当時、私の近所には、姑さんが済んでいたのですが、妊娠をするとこどもの分も食べなくてはいけないといろいろな差し入れをするので、その影響もあったのでしょう。私は妊娠5か月までに7キロ増えてしまいました。

これには医師もビックリしたでしょう。妊娠高血圧症のリスクも高くなるし、難産にもなりやすくなる、そのために運動をするようにといわれました。しかし、当時私は体重が増えすぎたためが膝が痛いという症状もあったのです。

そこで医師からのおすすめは水泳をすることでした。これは別に泳がなくてもいい。

しかし、水の中をあるいたり、体を動かすことで、脂肪を減らす、そして基礎体力をつけるという点で効果が高いので、勧められたのです。また膝が悪い私でも取り組めるのが魅力的でしたね。

それから私は安定期に入り、水泳に通い始めました。

水の中ではお腹の重みを感じることもなく動くことが出来たので快適でしたね。そしてそれからの体重増加を約3キロで抑えることが出来たのです。体力もついたので、お産の時も体力を維持することが出来たと思っています。

体重を管理することが出来たことは、私にとっても大きな自信になりました。またこれ以上体重が増えなくて正直よかったとほっと安心もしました。